ヘルスケア・ファイナンシャルプランニング

健康習慣の改善こそが資産形成の第一歩


▶幸せな生活を過ごすための3つの要素

この不確実で人々の価値も多様化する社会で、幸せで満足のいく人生を送っていくために大切な要素とは何でしょうか?

数えていけばキリがありませんが、3つだけあげるとしたら、おそらく、健康」「お金」は外せない要素でしょう。残りの要素に入ってくるのは「仕事」「人間関係」「家族」「愛情」が選択されるのではないでしょうか。

選択される3つの要素は、1つだけに集中してみても幸福感満たされるのではなく、それぞれの要素が相互に関係していて、どれ1つを切り離すことは出来ません

▶現実に目を向けてみると・・・

今の日本国内での現実的な課題は、社会保険や年金といった社会保障制度の破綻やゼロ金利による資産運用の難しい経済環境が個人の将来における不安や不透明感を浮き彫りにしています。

医療技術の発達によって平均寿命は延びていますが、皮肉なことに長く生きれば生きるほど、生活費を要し、よほど健康な人でもない限り医療費の負担も軽視出来ず、「お金」×「健康」について頭を悩ます日が続きます。

▶ヘルスケア・ファイナンシャルプランニング

ヘルスケア・ファイナンシャルプランニングは現実的な課題を解決する手段の一つとして、健康予防・健康習慣面と経済面・社会保障面における現状を認識しつつ、(ご自分の)理想の将来に向けて、生活習慣の改善、健康予防の実践とリスクに対する経済的補完対策の実践を提唱します。

「健康」「お金」両面では体重・血圧や収入・支出といった客観的な数値で変化を見ることが可能なことに着目し、生活習慣を改善することによって病気のリスクを減らすと同時に生涯医療費を抑制し、将来の資産形成にも寄与いたします。

▶「健康習慣の改善こそが資産形成の第一歩」の実践

健康習慣の改善⇒病気になるリスクを押さえる⇒医療費・健康予防費が削減出来る⇒しかも病気に対する心理的負担も軽減⇒しかも、診察・治療・入院に要する時間も別の有意義な時間へ振り向けられる⇒より一層、質の高い生活をおくり、余分な出費を抑え、資産防衛が出来る⇒資産防衛から資産形成へ

「健康習慣の改善こそが資産形成の第一歩」を具体的に実践する方法として、まず、「健康予防」「健康習慣」「金融」「ライフプラン」「社会保障」について関心を持ちリテラシーを高めていくこと、これらの分野での自身のステータスと将来のリスクを認識し、リスク抑制・回避のために日々、行動していくことです。


本サイトでは、「ヘルスケア・ファイナンシャルプランニング」基本編について紹介します。

実践編は、特に実際の生活における課題の対処法や節約術、色んな制度の活用法を直近の事例を交えながら説明するため、セミナーを主とした展開と各企業が提供するWebサービス、アプリサービス内のコンテンツとして提供しております。